インターネットを使って副業を探していると、せどりと呼ばれる仕事を目にする事が少なくありません。ただしせどりという言葉は知っているものの、どういった仕事であるかを知らないという人も珍しくないです。せどりとは本来、本屋で仕入れた本を別の本屋で仕入れ値よりも高く売る事で利益を得る行為を示す言葉でした。所が本に限らず、玩具や家電、ゲーム等でも同様の行為をする人が増えたのです。そのため今では本に限らず、お店で仕入れた商品を仕入れ値よりも高く売却する行為に対して、せどりという言葉が用いられています。
そんなせどりですが、副業として始める人が多いです。もっとも副業として始めて、しっかり稼ぐにはコツが必要だったりします。特に重要なのは如何にして商品を仕入れるかであり、せどりの成功の鍵を握っていると言っても過言ではありません。ちなみにせどりには、大きく分けて2種類の仕入れ方法が存在しています。
まず1つ目は店舗せどりと呼ばれる方法であり、名前が示す様に店舗を訪れて仕入れを行う方法です。せどりの場合、中古商品を扱う事も多いので、直に手に取って商品の状態を確認出来る点は魅力的と言えます。ですがその一方で、会社勤めをしている人が副業でせどりをする際にはこの仕入れ方法は厄介です。仕事帰りに商品を仕入れに行くのは大変だったり、そもそも店が閉まっていて不可能だったりします。お陰で週末しか仕入れが行えなかったりするので、なかなか商品を確保出来なかったりするのです。以上の理由から本業ならまだしも、副業でせどりをする人が店舗せどりで仕入れを行うのはおすすめ出来ません。
副業でせどりをする人は、電脳せどりと呼ばれる仕入れ方法を行うべきです。電脳せどりとは、ネットショップを用いて仕入れを行う方法となっています。この方法なら全国のショップを仕入れ先にする事が出来るので、数多くの仕入れ先を確保可能です。同時にネットショップは24時間何時でも利用可能なので、仕事終わりに自宅で仕入れを行う事も出来ます。ただし電脳せどりで仕入れる際は、商品代金とは別に送料が掛かる事が多いです。なので商品代金に送料を加えた価格を仕入れ値として、考える必要があります。
実際に商品の仕入れを決断する際は、勘だけに頼らない事も大事です。この商品なら仕入れ値よりも高く売れそう、と勘だけに頼って安易に仕入れを行うと損をしてしまう可能性が高くなります。必ずショップの買取価格だったり、フリマアプリやオークションサイトの落札価格等の数字をチェックする事です。その上で、仕入れ値よりも高く売却出来る商品だけを仕入れる様にする事が大切だったりします。